社長あいさつ

代表取締役社長「大門一平」氏の写真

代表取締役社長大門一平

平成から新しい年号に変わる年。
みなさまにとって今年は、どんな年になるのでしょうか。
新年度からは働き方改革に関する法令が施行され、 ゴールデンウィークは10連休、秋からは消費税が10%となり、軽減税率にいたっては判断基準が曖昧なうえに、ポイント還元ってなに?未知の時代のはじまりです。 都会と地方の格差は広がり、所得の格差も広がり、明確な将来へのビジョンも定まらない社会になって行くのでしょう。

不平ばかり言っていても何も変わりません。自らの力で大きな荒波を乗り切るには、結束とスムーズな連携が必要となります。 今まで通りではない対応と基準も整えなければなりません。ひとりひとりが昨年よりステップアップし、仲間と行動やアイディアを協力し合うことで、 いままでできなかったことも達成することができるのです。

気づいたことは「言葉」にしましょう。話しかけることで相手の反応を得ることができます。悩んだら「相談」しましょう。狭いところから抜け出すことができます。 行動したら「報告」をしましょう。あなたのことを周りの人が解ってくれ、チーム力が向上します。
わたしたちの会社は、チャレンジして新しい時代のニーズに応えてきました。現在も新しいことを創りだしています。

いままでに縛られることなく、新しい自分の成長を創りだし、仲間と共有できる成果を得られる年にしましょう。

年を重ねるとは、古臭くなってしまうことではありません。
常に周りから何かを得ているという実感があれば、小さな発見にも心躍るはずです。 小さな喜びは笑顔となり、周りへ幸せをひろげます。
毎日の仕事が、お客様の笑顔につながる年にしましょう。

ページの先頭へ