社長あいさつ

代表取締役社長「大門一平」氏の写真

代表取締役社長大門一平

2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的蔓延により、経済に限らず生活も大きな変化への対応を求められ、それは年を越して現在も続いております。 日本の感染者数及び死者数は世界でも少ない数字ですが、そのことに安心してしまい後手の対応や無駄な策により、2021年への影響は予断を許さない状況にあります。

このような時に求められるのは新しく斬新な改革であり、それを実現する行動の結集によるものと考えます。

おかげさまで昨年創立70年を迎えることができました。 弊社にとっても、これからの事業について大きな変革のはじまりの年を迎え、今までどおりから脱皮し、新しい事業展開を行う年がスタートいたします。

そのためには、今年も新型コロナウイルスへの対策を継続し、不安に打ち勝つための正しい情報の収集に基づいて、健康な身体と精神を維持しなければなりません。 このことは一人だけで頑張っても効果は小さく、みんなが実行することによって大きな効果を発揮します。 会社の事業についても同様であり、チームワークと連携こそが今後の大きな成果に結びつくのです。

本年もダイバーシティ企業を目指して、地域と社員に必要とされる企業の拡充に取り組みます。

ページの先頭へ