会社案内メイン画像採用情報メイン画像

 

About

会社案内

社長あいさつ

2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的蔓延により、経済に限らず生活も大きな変化への対応を求められ、それは年を越して現在も続いております。日本の感染者数及び死者数は世界でも少ない数字ですが、そのことに安心してしまい後手の対応や無駄な策により、2021年への影響は予断を許さない状況にあります。

このような時に求められるのは新しく斬新な改革であり、それを実現する行動の結集によるものと考えます。

おかげさまで2020年に創業70年を迎えることができました。弊社にとっても、これからの事業について大きな変革のはじまりの年を迎え、今まで通りから脱皮し新しい事業展開を行う年がスタートいたします。
そのためには、今年も新型コロナウイルスへの対策を継続し、不安に打ち勝つための正しい情報の収集に基づいて、健康な身体と精神を維持しなければなりません。このことは一人だけで頑張っても効果は小さく、みんなが実行することによって大きな効果を発揮します。
会社の事業についても同様であり、チームワークと連携こそが今後の大きな成果に結びつくのです。
本年もダイバーシティ企業を目指して、地域と社員に必要とされる企業の拡充に取り組みます。

代表取締役社長 大門一平

 

代表取締役社長

 大門一平

概要

商号
秋田印刷製本株式会社
住所
〒010-1415
秋田県秋田市

御所野湯本2丁目1番9号

設立
昭和25年5月27日
資本金
3,000万円
代表者
代表取締役社長 大門 一平
従業員
53名(男子24名、女子29名)
平均年齢
38.5歳(令和3年4月1日現在)

役員

代表取締役社長 大門 一平
取締役統括本部長 佐々木 彰
取締役総務部長 佐藤 正人
取締役 田中 誠
監査役 武田 亨

有資格者

印刷管理営業士1名
印刷営業士7名
印刷生産士5名
DTPエキスパート2名
プロモーショナルマーケター1名
技能検定オフセット印刷2名
フォークリフト運転資格2名
MUDディレクター1名

沿革

昭和25年 5月
資本金60万円で秋田市南通(旧 楢山元新町)に設立
昭和35年 1月
秋田県印刷工業組合へ加入
昭和44年11月
秋田県内で初めてフォーム印刷機導入
昭和48年 4月
東北フォーム印刷協議会へ加入(現 東北ファーム印刷工業会)
昭和50年12月
秋田市旭南にフォーム工場を開設(平成2年御所野工場統合で閉鎖)
昭和60年 3月
資本金を3,000万円に増資
平成2年 4月
秋田市御所野ニュータウン内へ御所野フォーム工場を開設
平成9年 4月
秋田県民間企業として初のオンデマンドプリンターを導入
平成12年 5月
社会貢献活動として車椅子を医療機関等へ寄贈開始
平成16年10月
秋田県の印刷会社として初のISO14001を取得
平成17年11月
御所野工場を新増築
平成18年 8月
プライバシーマークを取得
平成20年 9月
第7回印刷産業環境優良工場表彰 奨励賞 受賞
平成20年10月
第32回秋田県中央地区発明くふう展 秋田商工会議所会頭賞 受賞
平成20年11月
第57回秋田県発明展 社団法人発明協会秋田県支部奨励賞 受賞
平成20年12月
日本印刷産業連合会のグリーンプリンティング認定工場となる
平成21年 3月
エコカレンダーの「紙製綴じ具」の実用新案取得
平成22年 2月
Print Next in Tokyo 2010でグランプリ受賞
平成22年 2月
農商工等連携に係る事業計画の国の認定
平成23年 1月
ブック型透明ホルダー特許取得
平成25年 5月
通信販売酒類小売業免許取得
平成25年 6月
全印工連CSRワンスター認定
平成27年12月
酒類販売業免許取得
平成28年 5月
経済産業省「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選ばれる
平成28年10月
秋田市元気な子どものまちづくり企業認定
平成28年11月
秋田県女性の活躍推進企業表彰
平成29年10月
カフェ「Rtable」オープン
平成29年12月
グリーンプリンティングマーク3回目の更新
平成30年 2月
第11回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション 経済産業大臣賞受賞
平成30年 4月
「コミュニケーションカード」実用新案取得
令和元年 6月
全印工連CSRワンスター3回目の更新
令和2年 2月
第13回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション 優秀賞受賞
令和2年 5月
創立70周年
令和2年 9月
プライバシーマーク8回目の更新

プライバシーポリシー

個人情報について「個人情報保護方針」「個人情報取り扱い」を定め、情報の保管・取扱いに十分注意を払って製品制作にあたっております。
詳しくは、次項目よりご覧ください。

環境保護方針

環境方針

秋田印刷製本株式会社は、印刷物を「誠意と熱意と行動」をもって製造し、品質の高い商品を創り出すことにより社会に貢献して参りました。
品質の高い商品とは、より良い環境のもとで創りだせるものであり、生産活動にあたっては、環境設備と地球環境の保全が最重要であることを大きく感じております。
このため、環境マネジメントシステムを構築し、企業と社員の1人1人が一致して、環境システムの推進と改善に積極的に取り組んで参ります。

  • 1.環境に関連する法令・規制・その他の合意事項を遵守します。
  • 2.社業すべての面で、環境側面を適切に把握し、環境目的・環境目標を定め、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  • 3.省資源・省エネルギー・リサイクル・廃棄物の削減に取り組み、環境汚染の予防に努めます。
  • 4.環境教育・社内広報などで、全社員の環境管理システムの理解と環境に関する意識の向上を図ります。
  • 5.環境方針は、全社員に周知徹底し要求がある場合は、社外にも積極的に公開します。

環境活動

企業は環境問題への真剣な取り組みが求められ、環境マネジメントシステムの構築と運用が要求されています。秋田印刷製本株式会社はPlan→Do→Check→Actionサイクルを継続し実践しながら、システム及び環境負荷の継続的改善を目指します。
平成16年10月以来、環境保護活動を継続しています。
環境保護は資格取得が目的ではなく、取り組みすることにより、資源を大切にすること、環境への負荷を軽減できること、それらにより社員意識の向上に伴い、経費の節減にもつながることが大切と考えます。

廃棄物 リサイクル 廃棄物電気使用料

SDGsへの取り組み

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、日本語で「持続可能な開発目標」という意味です。
2015年の国連サミットで採択され、2030年までに達成すべき〝世界共通の目標〟として、17項目の国際目標が掲げられています。
私たちも事業や活動を通して、持続可能なよりよい社会の実現に向けて取り組んでまいります。

SDGsポスター

環境保全活動

環境保全活動1 環境保全活動2 環境保全活動3

地域のクリーンアップ活動

御所野地区のクリーンアップ活動に毎年参加しています。
平成16年10月には現Rtableと本社間(約10km)を5ルートに分け道路のクリーンアップを挙行しました。

省資源・リサイクル

省資源、リサイクル、廃棄物の削減、互助会によるアルミ缶・古紙回収活動を行っています。
平成20年にオリジナルエコバックを作り、レジ袋削減運動も実施いたしました。

クリーンアップ-1 クリーンアップ-2

社会貢献活動

社会貢献活動 社会貢献活動 社会貢献活動 社会貢献活動 社会貢献活動 社会貢献活動

マスク入れ袋寄贈

創立70周年記念の社会貢献事業として、秋田市内の小中学校にマスク入れ袋の寄付を行いました。
秋田市役所で行われた寄付受納式では感謝状をいただきました。各学校へお届けすると、教育長や校長先生から多くの感謝の言葉をいただきました。

車椅子寄贈

創立50周年を契機に車椅子の寄贈をはじめました。社内に車椅子募金箱を設置し、社員からの協力と会社からの支援で医療機関等へ寄贈しています。
実績は令和2年4月までに45台となっており、今後も継続していきます。

震災支援

平成23年3月11日の震災後、被災された青森・岩手・宮城県のお客様へ支援物資として無洗米あきたこまち・割り箸・計量カップ・ホッカイロを1 セットにし、車両いっぱいに積んでお届けしました。
この活動に対し、経済産業大臣より表彰状をいただいた他、物資を受け取った方からお礼状も届きました。

インターンシップ

中学生・高校生・大学生を積極的に受け入れています。職場体験を通して視野を広げ、将来の糧にしてもらえるよう今後も協力していきます。

社会貢献活動-1 社会貢献活動-2

働きやすさ、働きがいのある職場づくり

職場づくり 職場づくり 職場づくり 職場づくり 職場づくり

子どもの国づくり推進協定

平成26年2月21日に秋田県と締結しました。これは、少子化対策に取り組んでいる、あるいはこれから取り組みたい企業・団体との間で結ぶものです。少子高齢化の問題を抱える秋田県において、社員には安心して制度を活用してもらえるよう、環境整備に取り組んでいます。

男女イキイキ職場推進協定

平成27年11月に秋田県と締結しました。元気な秋田をつくるため、女性も男性もイキイキと働くことができる職場環境づくりに取り組んでいます。
社員が仕事と生活の調和を図り、働きやすい環境で個々の能力を最大限に発揮することができるように行動計画を策定しています。

女性の活躍推進

仕事に対する意欲の高い女性に対し、採用拡大・役職登用等に取り組み、職場を活性化させるポジティブ・アクションを積極的に進めています。
ワーク・ライフ・バランス、雇用環境の整備に取り組んでいます。

職場の安全と健康管理

会社全体の安全衛生管理推進のために安全衛生委員会を設置しています。
労働災害・交通事故ゼロへの取り組みや、緊急避難経路の設定、AED、設置、喫煙所を設け受動喫煙防止対策を実施するなど、社員が健康で安全に働ける職場づくりをしています。

高年齢者の雇用促進

高年齢者の安定雇用確保のため、労使協定により高年齢者の継続雇用制度を定めています。
60歳以降も引き続き勤務を希望し、働く意欲のある社員が、
これまでに培ってきた技術と知識・経験を活かして働けるように環境を整えています。

職場づくり-1 職場づくり-2 職場づくり-3

秋田県女性の活躍推進企業表彰

(平成28年11月28日)

職場づくり-4

入口に設置されているAED